がん治療に掛かる費用と抗がん剤の持つ副作用

保険はがん治療の費用軽減できる頼りになる存在

がん治療に掛かる金銭的負担を軽くしてくれるがん保険 がん治療に掛かる金銭的負担を軽くしてくれるがん保険

生きていると色々な出来事が起こるので、いつ何が起こるか分かりません。がんになる可能性もあるので、がん保険に加入しておくと安心です。がん保険のメリットや加入する際の流れについて見ていきましょう。

少しでも費用の負担を軽くしたいなら「がん保険

がん保険に加入していれば、がんになったときに治療費をそこから支払うことができるので安心です。

がん保険の素晴らしいメリット

1.給付金を受け取れる

がん保険に加入していれば、がんと診断されたときに一定の給付金を受け取れます。保険会社や加入年月にもよりますが早ければ診断された時点で、遅くても入院した時点で受け取れます。これは健康保険の対象ではない先進医療を受ける際にも役に立ちます。民間医療などの自由診療を選ぶ際も給付金を受け取れるので、早い段階で色々な治療方法を検討するチャンスが広がります。抗がん剤治療など必要ながん治療を受けるにはそれなりに費用が掛かるため、がん保険の給付金は頼りになる存在です。

お金を持つ女性

2.入院給付金に期限がない

一般的に医療保険では保証される入院日数には限りがあります。しかしがん保険の場合は、入院給付金の支払いに限りはありません。抗がん剤治療が長期に渡って行なわれた場合でも、入退院を繰り返したとしても入院日数分の給付金をしっかり受け取ることができます。治療が長引くと費用の心配もするかと思いますが、がん保険に加入していれば安心して治療に専念することができます。がんは体力に自信のある若い人で進行が早いことが特徴なので、保険に加入しておくといざというときに早く治療を行なうことができるでしょう。

カレンダー

3.自己負担分を補てんできる

がん治療に掛かる費用は高額になります。この費用は健康保険適用になるので、自己負担額は3割で済みます。しかしその3割も高額であることに変わりはないので、仕事を休み治療に専念するとなると治療費に加えて生活費の心配も出てくるでしょう。入院中の個室利用や交通費など治療に掛かってくる自己負担の費用は様々です。がん保険に加入しておけばそうした色々な出費に給付金を充てることができるため、経済的な負担を大きく減らすことができます。

青いトレイとお金
4person

医療保険との違い

医療保険はほぼすべての病気や怪我に対応できます。そして「入院給付金」と「手術給付金」があり、入院給付金は、給付対象となる日数に限りがあります。がん保険は対象ががんのみになりますが、がんの診断を受けたときに一定の金額を受け取れる「診断一時金」というものがあります。医療保険と違い入院給付金に限りがなく、またがんで通院した場合は「通院給付金」というものも受け取れます。日本人に多い病気とされているため、がんになったときに効果的ながん治療を受けたいと考えている人は、がん治療に専念できるがん保険を選んだ方が良いでしょう。

がん保険の加入前に知っ得

がん保険に加入するとすぐに給付金が下りるわけではありません。また、診断給付金の支払いは商品によって条件がある場合もあります。

保障開始期間の確認

がん保険の内容を見る前に、保証の開始期間について見ておきましょう。医療保険よりもがん治療に対して専門のサポートを受けられるがん保険ですが、がんと診断されても直ぐに給付を受け取れない「待機期間」というものがあります。医療保険の場合は申込書と健康告知書の提出、1回目の保険料の払込が完了した時点で保証開始期間に入ります。なぜこのような期間が設けられているかというと、がんは自覚症状がないことが多く、「既にがんになっている人が保険に加入する」ことが考えられるためです。また、がんの自覚症状がある人が、がん保険加入後に診断を受け請求をすることを避けるためです。利用者と保険会社の公平性を保つためにこの期間が設けられています。

印鑑と書類

上皮内新生物もしくは悪性新生物には金額の差がある

診断給付金はがんと診断されたときに給付されるのが基本ですが、商品によって違いがあるので確認しておくと安心です。また、給付の対象かどうかを判断するものとして「上皮内新生物」と「悪性新生物」というものがあります。悪性新生物は治療しても転移や再発の恐れがある段階のがんの状態のことを指し、保険会社で言うがんはこの状態のことを表します。一方、上皮内新生物は手術すれば完治する見込みがあるものを指し、この状態での給付は対象にならないこともあります。がんが確定した場合であっても保険に「上皮内新生物は除く」という条件が定められていれば、給付は受けられません。

ウイルス感染

分からないことは保険のプロに相談して疑問解決

自分に最適な保険を選ぶにはプロに相談したほうが近道です。保険会社では無料で相談に乗ってもらえます。現在もし保険に加入していたとしても、保険の見直しを定期的に行なうことは大事なことです。新規に加入する場合はどのような種類があるのか、医療費が必要になったときにどのくらいの金額が保証されているのかを聞くことでいざというときに備えることができます。プロの視点でアドバイスをもらい無駄のない保険を選ぶことで、経済的な負担も減らせるでしょう。年齢や家族構成、これまでの病歴をもとに適切なプランを考えていくので、必要な情報をまとめておくと良いでしょう。現在加入している保険から乗り換える場合は、契約内容の分かる資料を持っていくとスムーズに比較ができます。

契約相談をする夫婦