がん治療に掛かる費用と抗がん剤の持つ副作用

抗がん剤の副作用とがん治療に必要な費用

治療の費用と副作用について事前に知ることが大事 治療の費用と副作用について事前に知ることが大事

日本人の3大疾病の1つとして知られるがんですが、がんは他の2つの病気(急性心筋梗塞・脳卒中)とは異なり、若い人にも多い病気です。細胞が若ければそれだけ進行も早くなるため定期的に検査を行なうなど注意が必要です。がんの治療方法や副作用などについて知っておくことで、いざというときに備えましょう。

がん治療の費用を事前に把握しておくことは重要

自分はがんにならないと思っている人も多いですが、いつなるか分かりません。発症してもすぐに対応できるようにがん治療に掛かる費用項目を知っておきましょう。

いざというときに対応できるようにしておく

自分の身にがんが発症したとき、どのくらい医療費が掛かるのか相場を知っておくと安心です。厚生労働省の「医療給付実態調査」をもとにした推計では、がん治療1件あたりの相場が約70万円になっています。実際の負担額は公的保険が適用された場合は最低3割負担となり、また高額療養費制度の適用で最高でも月額8~9万円程に抑えられるので、治療を諦めるような膨大な金額になるわけではありません。いざというときのために計画的に用意しておけば、何事もなかったときに貯蓄として他のことに使うこともできます。お金が必要になった時に一定の金額を継続して用意するのは大変なので、あらかじめコツコツ準備しておけば安心です。先進医療の費用は高額になっているため、必要なときに対応できるようしっかり準備しておくことがやはり大切と言えます。

治療方法によってがん治療の費用は大きく変わる

70万円が相場とされているがん治療ですが、それはあくまでも目安です。治療内容によって変動することを覚えておきましょう。

外科手術・抗がん剤治療・放射線治療による目安の治療費

外科手術

麻酔を使った手術は痛みや負担が大きいというイメージがあると思いますが、がんを早期発見したときにおいては特に効果的な治療方法と言えます。がん細胞は放っておくと他の部位へとどんどん広がっていくため、がんがまだ小さい内に対象の部位だけを手術で取り除くことが大事です。最近は医療技術の進歩により、負担の少ない手術方法が確立されてきています。内視鏡を用いてがんの部位を確認することもできるため、メスを使わずに行なえる手術もあり、その場合だと費用は30万円程です。胃の一部を切除するような場合だと100万円以上になることもあります。

手術する女性

抗がん剤治療(薬物療法)

手術だけでがんを取り除くことが難しいときや、再発防止の目的で行なわれるのが抗がん剤治療です。使われる薬剤にはいくつか種類があり、厳密には抗がん剤ではない分子標的薬やホルモン剤も治療に使われます。そのため総称として薬物療法や化学療法と呼ぶことがあります。手術は特定の部位に対して行なわれますが、薬物療法は全身に働きます。そのため転移の原因となっているがん細胞をうまく発見できないときも治療を行なえる点が特徴ですが、効果と同様に全身への負担(いわゆる抗がん剤の副作用)もあることが難点と言えます。投薬と休止のサイクルで様子を見て繰り返し治療が行なわれます。1サイクル(1コースと呼びます)は5~6週間で、費用が100万円程掛かります。

注射器を持つ男性

放射線治療

手術に代わる根治療法として、また再発防止のために用いられる治療方法です。体外から放射線を照射する「外部照射」と放射性物質を体内に入れて患部に照射する「内部照射」があります。放射線を浴びることには痛みはないので体への負担や副作用は少ないと言えますが、照射の仕方によってはがん細胞以外の正常な細胞に当ててしまうリスクもあります。およそ3センチの部位に照射する定位放射線照射という方法では、費用が60万円程になります。新しい放射線治療の内、重粒子線治療や陽子線治療などは費用が200~300万円掛かり基本的に全額自己負担となるため、がん保険などに入っておくと安心できます。

最新医療機器

保険適用外の費用もある

すべてのがん治療で保険が適用されるとは限りません。また、ベッド代や食事代などは別途自己負担となるため注意が必要です。

驚く女性
健康保険が使えないものとは?

差額ベッド代

一定の日数ほど入院した場合には高額になる可能性のあるものが差額ベッド代です。差額ベッド代は差額室料とも呼ばれていて、容態に合わせて個室を利用した場合に発生します。「特別療養環境室」と呼ばれる部屋がそうです。差額ベッド代は地域や病院によっても異なり、1日5000円になることも珍しくありません。本来は患者が自ら4人以下の部屋を希望した場合にのみ適用されるものですが、実際にはよく知らずに同意して払っていることも少なくありません。そのため4人以下の部屋に入る場合は事前にどのくらいの金額になるのか確認しておきましょう。

食事

入院中の病院食は一部が自己負担となります。平均的な金額は1日当たり260円程ですが、20日程利用した場合は15000円弱になります。栄養バランスを売店の弁当や院内食堂で摂ることは難しいため、健康回復を促すものとしてとても大事と言えます。病院食は医師と管理栄養士が話し合って患者一人一人に合わせたメニューを考えるため、しっかり摂取する必要があるでしょう。入院中に掛かる費用なので、こちらも考えて準備しておくと安心でしょう。

診断書

医師が発行する診断書は、医療保険に加入している人が保険会社に給付金を請求する際や、職場に休職願いを出すときに必要になります。保険に応じた給付金を受けるには保険会社が定める要件を満たしていなければならないため、保険会社指定の診断書を医師に書いてもらうことになります。診断書の発行料金は地域などによっても様々ですが、5000~10000円掛かるのが一般的です。会社などに提出する場合は、診断書のコピーでも対応してもらえるか聞いて用意すると、発行する枚数とそれに伴う料金を抑えられるでしょう。

笑顔の患者と医者